まいにちポップス(My Niche Pops)

令和元年初日から毎日更新中〜1日1ポップス。エピソード、歌詞の和訳、謎解き、マニアックな捜査、勝手な推理、などで紹介していきます。text by 堀克巳(VOZ Records)

「恋はすばやく(Sooner or Later)」グラス・ルーツ(1971)

 おはようございます。

 今日はグラス・ルーツの「恋はすばやく」です。

www.youtube.com

**************************************************************

Sooner or later love is gonna get ya
Sooner or later, girl, you got to give in
Sooner or later love is gonna let ya
Sooner or later love is gonna win

It's just a matter of time
Before you make up your mind
To give all that love that you've been hidin'
It's just a question of when
I've told you time and again
I'll get all the love you've been denyin'

Sooner or later love is gonna get ya
Sooner or later, girl, you got to give in (Girl, you got to give in)
Sooner or later love is gonna let ya (Oh, yeah)
Sooner or later love is gonna win

 

You say you'll never be mine
But, darlin', there'll come a time
I'll taste all that love that you've been hidin'
It's just a question of time
Before you make up your mind
And give all that love you've been denyin'

(You've been lookin' for love)
In all the wrong places
(You've been lookin' for love)
All the wrong faces
(Gotta get ya, girl)
All this illusion
(Gonna save your heart)
From all this confusion

 

Sooner or later love is gonna get ya
Sooner or later, girl, you got to give in (You got to give in)
Sooner or later love is gonna let ya
Sooner or later love is gonna win
Love is gonna win (Uh-huh)

It's just a matter of time (A matter of time)
Before you make up your mind (Make up your mind)
To give all the love that you've been hidin' (You know you've been hidin' love)
It's just a question of when
I've told you time and again (Oh, time and time again)
I'll get all the love you've been denyin' (You've been denyin')

Sooner or later love is gonna get ya
Sooner or later, girl, you got to give in (Baby, baby, got to give in)
Sooner or later love is gonna let ya
Sooner or later love is gonna win
Sooner or later love is gonna get ya
Sooner or later girl, you got to give in
Sooner or later love is gonna let ya
Sooner or later love is gonna win

**************************************************************

遅かれ早かれ愛が君をつかまえる

遅かれ早かれ君は降参するのさ

遅かれ早かれ愛は君を愛させる

遅かれ早かれ愛は勝つんだ

 

もう時間の問題さ

君がずっと隠していた愛を

全部あげようと心を決める前に

ただ、それがいつかということなんだ

僕は君に何度も言ってきたよね

君が否定してきた愛を全部自分のものにするってね

遅かれ早かれ愛が君をつかまえる

遅かれ早かれ君は降参するのさ

遅かれ早かれ愛は君を愛させる

遅かれ早かれ愛は勝つんだ


あなたのものにはならないと、君は言った

だけど、ダーリン、その時がくるよ

君が隠してきた愛を全部味わうのさ

それがいつになるか、ということだけ

君がずっと隠していた愛を

全部あげようと心を決める前に

 

(君は愛を探し続けてきた)
全く間違った場所でね

(君は愛を探し続けてきた)

全く違う顔ばかり見て

(君に見せてあげるよ)

この幻想を

(君の心を救ってあげるよ)

この混乱から

遅かれ早かれ愛が君をつかまえる

遅かれ早かれ君は降参するのさ

遅かれ早かれ愛は君を愛させる

遅かれ早かれ愛は勝つんだ 愛は勝つんだ

 

もう時間の問題さ

君がずっと隠していた愛を

全部あげようと心を決める前に

ただ、それがいつかということなんだ

僕は君に何度も言ってきたよね

君が否定してきた愛を全部自分のものにするってね

 

遅かれ早かれ愛が君をつかまえる

遅かれ早かれ君は降参するのさ

遅かれ早かれ愛は君を愛させる

遅かれ早かれ愛は勝つんだ 愛は勝つんだ、、、(拙訳)

 

**************************************************************

 グラス・ルーツは1965年にLAで結成されたロック・グループで、最初はスティーヴ・バリとP.F.スローンというダンヒル・レコードのスタッフ・ソングライター・チームの覆面バンドとしてスタートしています。

 1965年というとP.F.スローンが曲を書き、スローンとバリ、それに後にキャロル・キングやママス&パパスなどをプロデュースする、ルー・アドラーの三人でプロデュースしたバリー・マクガイアの「明日なき世界( Eve of Destruction」が全米1位の大ヒットになっています。 

www.youtube.com

    バンドに注目が集まったため、彼らはソングライター/プロデューサーにまわって新たにメンバーを集め、The Bedouinsというバンドのメンバーで活動しましたが方向性の違いでうまくいかず、1967年に13th Floorというバンドのメンバーとヴォーカルのロブ・グリルが参加することで軌道に乗り始めました。

 

 最初の大ヒットは「今日を生きよう(Let's Live for Today)」。1967年全米8位まであがりました。

www.youtube.com

 

  そして、この「恋はすばやく」は1971年に彼らにとって3枚目の全米トップ10シングルになりました(全米9位)。

  ちなみにこの曲の共作者のゲイリー・ゼクリーとミッチェル・ポッターは1969年にThe Cliqueというバンドに「Superman」という曲を書いていて、にちにR.E.Mがカバーしています。

 当時のレコード盤を見ると、日本のレコード会社は彼らのことを「ヤンキー・ロック」とカテゴライズしていたようです。永ちゃんやキャロルみたいな不良のロックのことじゃないですよ。不良をヤンキーと呼ぶのは1980年代に入ってからで、本来「アメリカ人」の俗称、大リーグのヤンキースのヤンキーです。それにしても、おおざっぱな呼称ですよね。

 

 僕が初めてこの曲を聴いたのは、佐野元春のラジオ番組でした。当時の彼のヒット曲「ヤング・ブラッズ」はこの曲からインスパイアされたと彼は説明していたのをおぼえています。「ヤング・ブラッズ」はスタイル・カウンシルの「シャウト・トゥ・ザ・トップ」のパクリだという人が多かったので、反発心もあってわざわざこの曲をオンエアしたんだろうなあ、と僕はそのとき思いましたが。

 

 この曲はなになにのパクリだ、などとあげつらうのは簡単ですが、作る側からしたら、そんな単純なもんじゃない、もっといろんな音楽の要素が混ざり合って出来ているんだ、と主張したいのはよく理解できます。

 

 いろんな曲が一人の人間のフィルターを通して独自のブレンドとなって再生産されていくのがポップスの面白さです。なので、僕は、ほぼ同じとか、安直で元ネタへのリスペクトが感じられないものじゃない限り、パクリ云々という論議は無意味だと思っています。

 

 そう言えば、その「ヤング・ブラッズ」を明らかに下敷きにした、「I'll Be Back Again…いつかは」(ビートたけし松方弘樹)なんて曲もあって、そっちのほうが「恋はすばやく」に似てしまっていて、なんだか、ややこしいなあ、と当時僕は思いました。

 

www.youtube.com

 さて、この曲、Sooner or Later、遅かれ早かれ、どうなのかと言えば、

 今は君は僕のことを拒否しているけど

 遅かれ早かれ、君は僕のものになる、と自信満々な、ある意味相手を暗示にかけているようでもある歌です。少し間違えるとストーカーっぽくなりそうなスタンスです。

 ただ、君は僕のものになる、という直接的な言い方はしないで

 愛が君をつかまえる、愛が君を動かす、そして、愛は最後に勝つ、と、僕、じゃなく愛、を主語にしているところが、ストレートじゃなく、ストーカーっぽく聴こえないポイントのように思います。

 

 スティーヴ・バリのプロデュース曲。ジョン・セバスチャンの「ウェルカム・バック」

 

popups.hatenablog.com

 

f:id:KatsumiHori:20210609165822j:plain