まいにちポップス(My Niche Pops)

令和初日から毎日、1000日連続で1000曲を選曲しました(苦笑)。古今東西のポップ・ソングをエピソード、歌詞の和訳、マニアックなネタ、勝手な推理、などで紹介しています。みなさんの音楽鑑賞生活に少しでもお役に立てればうれしいです。みなさんからの情報や思い出話などコメントも絶賛募集中です!text by 堀克巳(VOZ Records)

「イッツ・レイニング・アゲイン(It's Raining Again)」スーパートランプ(1982)

 おはようございます。

 今日はスーパートランプ。

 イギリス出身のロック・バンドで、古い洋楽ファンは「ブレックファスト・イン・アメリカ」というアルバムが世界的に大ヒットをしたことを覚えているでしょう。タイトル曲は日本でTVCMにも使われ有名になりました。爆風スランプ結成前にサンプラザ中野パッパラー河合は「スーパースランプ」(中野脱退後はデーモン小暮が2代目ボーカルだったそう)というバンドを組んでいて、もちろんこのバンド名をもじったものです。

 梅雨がいよいよ本格的になってきたので、

 ”また雨かよ〜”

 と連呼しているこの曲を選曲。

 しかも、”恋が終わっちゃったよ〜、平気なフリなんかできないよ〜、友達も無くしそうだよ〜”とツイてないのか、ひたすら、弱気に愚痴っています。

 でも、曲はすごくポップ、というのがミソです。

 雨続きで鬱々した気分で、ツイてなくて、しかも恋も友情も終わりそうな時に、カラ元気なんて出せるわけがないですよね。無理やりポジティヴな音楽を聴いても大きな効き目は望めません。

 そういう時は、もう開き直って、愚痴れるだけ愚痴ってもいいと思います。

 ただ、重たいトーンにならない、怒りに任せない、のは大事かもしれないですね。

 ちょとテンポよく(?)愚痴りましょう。

 

 というわけでこの曲、弱気な愚痴をポップに歌う、というなかなかレアなものです。 そして、その間に、ちょっとした勇気で立ち直れるさ、という楽観的なフレーズを挟みこんでくるわけで、なかなかバランスが絶妙だなあ、と思います。

 

 


Supertramp - It's Raining Again

 

イッツ・レイニング・アゲイン

イッツ・レイニング・アゲイン