まいにちポップス(My Niche Pops)

令和元年初日から毎日更新中〜1日1ポップス。エピソード、歌詞の和訳、謎解き、マニアックな捜査、勝手な推理、などで紹介していきます

フィル・スペクター関連

「恋のウー・アイ・ドゥ」リンジー・ディ・ポール(1974)

おはようございます。 今日はこのブログの読者の方からも声が上がっていたリンジー・ディ・ポールの「恋のウー・アイ・ドゥ」です。 Lynsey De Paul - Ooh I Do ******************************************************************************** It's so …

「さよならハリウッド(Say Goodbye Hollywood)」ビリー・ジョエル(1976)

おはようございます。 今日も追悼フィル・スペクター。彼のサウンド・スタイルを意図的に取り入れた”オマージュもの”のなかから、有名なビリー・ジョエルの「さよならハリウッド」を。 Billy Joel - Say Goodbye to Hollywood (Official Video) ************…

「会ったとたんに一目惚れ(To know him is to love him)」テディ・ベアーズ(1959)

おはようございます。 フィル・スペクターが16日にコロナ・ウィルス感染による合併症で亡くなりました。ですので、今日は彼の曲を選びました。まだ18歳の彼がメンバーだったグループ、テディ・ベアーズ。この邦題僕は大好きなんですが、「会ったとたんに一目…

「リヴァー・ディープ・マウンテン・ハイ(River Deep -Mountain High)」アイク&ティナ・ターナー(1966)

おはようございます。 今日はアイク&ティナ・ターナーの「リヴァー・ディープ・マウンテン・ハイ」です。 River Deep - Mountain High ” 私がまだ小さかった頃 ラグ・ドール(ぬいぐるみ)を持ってたの 私が持っていた人形はそれだけだった 今はあの人形を…

「恋の雨音( Walking in the Rain)」ザ・ロネッツ(1964)

おはようございます。 昨日ピックアップしたカスケーズの「悲しき雨音」は、フィル・スペクター御用達のスタジオ、スタッフで作られましたが、今日はそのフィル・スペクターの”雨の歌”をご紹介します。 The Ronettes - Walking In The Rain - 1964 ”彼が欲し…

「太陽はもう輝かない(The Sun Ain't Gonna Shine Anymore)」ザ・ウォーカー・ブラザーズ(1966)

おはようございます。 今日はウォーカー・ブラザーズ。昨日登場したダスティ・スプリングフィールドと同じプロデューサー(ジョニー・フランツ)アレンジャー(アイヴァー・レイモンド)が手がけて大ヒットしたグループです。 The Sun Ain't Gonna Shine Any…

「ニューヨークは淋しい町(New York's a Lonely Town)」ザ・トレイド・ウィンズ(1965)

おはようございます。 今日はカリフォルニアからニューヨークに家族で引っ越してきた男の子の歌です。 New York's A Lonely Town Tradewinds 1965 ”言っておくけど、そっちじゃサーフィンできないよ” 友達は警告していたそうです。 外に置いたサーフボードは…

「つのる想い」須藤薫(1989)

おはようございます。 今日は須藤薫。2013年に残念ながら病気で亡くなられてしまいましたが、1980年代に1960年代のアメリカン・ポップスをベースにした上質な楽曲をたくさん歌っていました。その時のメイン作曲家は杉真理、アレンジ、プロデュースは松任谷正…

「Twinkle Heart」SOLEIL(2019)

おはようございます。 今日はSOLEIL(ソレイユ)。ボーカル、それいゆと元ザ・ファントム・ギフトのサリー久保田、元ヒックスビルの中森泰弘の三人によるバンドです。 実は僕はこのバンド知らなかったのですが、日々せっせといろんなポップスを検索していた…

「クリスマス(Christmas(Baby Please Come Home))」ダーレン・ラヴ(1963)

おはようございます。 今日はフィル・スペクター プロデュースの有名なクリスマス・ソングです。 Darlene Love - Christmas (Baby Please Come Home) (Audio) ” (クリスマス)雪が降っているわ (クリスマス)私はそれを見つめている (クリスマス)まわり…

「This Could Be The Night」モダン・フォーク・カルテット(MFQ)(1966)

おはようございます。 フィル・スペクター・プロデュースをもう1曲。書いたのは「うわさの男」の二ルソン。 popups.hatenablog.com 山下達郎が「Go Ahead」と「Big Wave」の二枚のアルバムでカバーしているので、ファンには大変有名な曲でもあります。 モダ…

「ビー・マイ・ベイビー(Be My Baby)」ロネッツ(1963)

おはようございます。 今日はロネッツの「ビー・マイ・ベイビー」。最初は「あたしのベビー」なんてタイトルだったようです、、。 The Ronettes - Be My Baby (Audio) 僕が”ポップス”と聞いて、真っ先に思い浮かぶのがこの曲です。ただリアルタイムでは聴い…

「ドント・アンサー・ミー(Don't Answer Me)」アラン・パーソンズ・プロジェクト(1984)

おはようございます。 今日はアラン・パーソンズ・プロジェクト。先日このブログで紹介した”パイロット”のプロデューサー、アラン・パーソンズによるレコーディング・プロジェクトです。 popups.hatenablog.com "君がもし魔法の力を信じるなら、僕は君の心を…

「ふられた気持ち(You've Lost That Lovin' Feelin')」ライチャス・ブラザーズ(1964)

おはようございます。 今日はライチャス・ブラザーズ。白人がやるR&B、ソウル・ミュージックを”ブルー・アイド・ソウル”と呼ぶとラスカルズの記事で触れましたが、 popups.hatenablog.com そのパイオニア的存在が彼らです。「SOME BLUE-EYED SOUL」というタ…

「シー・マイ・ベイビー・ジャイヴ(See My Baby Jive)」ウィザード(1973)

おはようございます。 今日はウィザード。ロイ・ウッドという人が組んでいたイギリスのバンドです。 ロイ・ウッドはこのブログでも紹介しましたE.L.Oの創立メンバーで、ロックとオーケストラの融合というコンセプトを考えた張本人と言われています。 popups.…

「ダ・ドゥ・ロン・ロン(Da Doo Ron Ron)」クリスタルズ(1963)

おはようございます。 今日はクリスタルズ。1960年代に活躍したガールグループです。 タイトルの”ダ・ドゥ・ロン・ロン”とは何のことでしょう?(ちなみに日本で最初に発売された時は「ハイ、ロン・ロン」という邦題がついていたらしいです) 実はこの曲を作…

「美しき人生(What Is Life)」ジョージ・ハリスン(1971)

おはようございます。 今日はジョージ・ハリスン。 原題がWhat Is Life、邦題が、美しき人生、などというとけっこう深遠な歌かと思いますが、実はとても明快なポップ・ナンバーです。 What Is My Life Without Your Love 君の愛がなかったら、僕の人生に何の…